キャリーの最新無料動画
Ra Ma Da Sa ロング・ヴァージョン

癒しの聖なる音としてクンダリーニ・ヨガの伝統に伝わる"ラマダサ"を、ロンドンを拠点とする、プロデューサー/作曲家のアンディ・ホブソンとキャリーがコラボレーションして、ニューシングルとしてリリースされました。
*この別のヴァージョンは、キャリー・グロッスマンの最新アルバム"ホームワード"にも収録されています。


Ra Ma Da Sa Sa Say So Hung
ラ マ ダ サ サ セイ ソー ハーム
癒しの光があなたと共にありますように
太陽、月、地球、無限性

この聖なる音が奏でる音楽はクンダリーニ・ヨガの伝統に伝えられている癒しのマントラに基づいています。
マントラはRa/ラ、 Ma/マ、 Da/ダ、 Sa/サ、 Sa Say So Hung/サ セイ ソー ハームの8つの音で構成されています。これらの音はそれぞれ、特定のエッセンスと振動に共鳴しています。
たとえば、Ra/ラは太陽、 Ma/マは月、Da/ダは地球、Sa/サは無限性であり、Sa Say So Hung/サ セイ ソ ーハムは"無限性のスピリット、わたしは無限性そのものです" という意味です。
これらのマントラは本質的に地球とエーテルを結びつけて深い癒しをもたらします。
(*エーテル:宇宙空間に存在し光を伝える働きをすると考えられている化学物質。)