キャリー・グロッスマン  Carrie Grossman

スピリチュアル・ティーチャー、ミュージシャン、作曲家。アメリカ、ニューヨーク生まれ、マサチューセッツ州在住。

キャリーが霊性の道を志したのは、16歳の時。ネイティヴ・アメリカンのメディスンマンから、自然界に息づいている神聖な存在に注目することを直接教えられ、霊性の種が植え付けられたことから始まった。それからほどなくして、”すべてはあなたの内にある”というメッセージを受け取り、そのメッセージが伝えていたことを実際に体験したいという想いに駆られる。そして、ネイティヴ・アメリカンやシャーマンの伝統の教えや癒し、また、17歳の時にはタイの仏教の修道院に長期滞在して仏教も学び始める。その後、ブラウン大学において宗教学の学位も取得し、全米で唯一の仏教大学であるナロパ大学の大学院過程において宗教学の修士を取得する。それと並行して、ティク・ナット・ハン師のフランスの修道院、アンマのインドの僧院、ラマナ・マハルシの僧院など、師のもとや僧院でも多くの時間を過ごし学びを深める。そして、21歳の時、インド滞在中にキルタンと出会ったことによって、ハートが開かれて深い癒しが起こり、彼女の歩んできた霊性の道が聖なる音とつながる。(*キルタンとは、愛と神への信愛のヨガであり、ハートの道であるバクティの伝統に根ざした"呼びかけと応答"のスタイルを取ったチャンティング。)

スピリチュアル・ティーチャーとして、キャリーはバクティ/ハートの道とノン・デュアリティーの伝統に深く影響されつつ、ネイティヴ・アメリカンやシャーマンの伝統の教えや癒し、仏教の教え、自身の体験や音楽など、これまで彼女が歩んできた道のすべてが彼女の内で統合されたオリジナリティー溢れるワークショップやリトリートで、開かれたハートで多くの人たちを導いている。

キャリーは、シヴァナンダ・アシュラムのバハマ・アシュラム、ニューヨークのインテグラル・インスティチュート、クリパル・センターや、オメガ・インスティチュートなどのアメリカで信頼されているヨーガ・インスティチュートやリトリート・センターをはじめ、ブラウン大学、マウント・ホリーヨーク大学などの大学でも教えている。また、毎年アメリカで開催されている女性のための大規模なスピリチュアル・リトリート"Wild Woman Fest" では例年、講師の一人として招かれ、180名ほどの女性たちを導いている。また、世界中の900万人に瞑想などコースやコンテンツを提供している瞑想アプリ、インサイト・タイマーでは、注目されている先生の一人であり、彼女の瞑想講座は、世界的に100万回ほど再生されている。(このページ一番下の画像をクリックすると、インサイト・タイマーのサイトへと移動できます。ただし、彼女の瞑想講座の言語は英語のみになります。)

また、キャリーは、"神に捧げる音楽"、"ミュージカル・メディテーション"とも言われ、一つのミュージック・シーンとしてアメリカで確立されつつあるキルタンのミュージシャンとしても活躍している。21歳のとき、インドでキルタンと出会った瞬時に、彼女はその音楽に魅了されたが、彼女の深いところから音楽が現れるのはその10年後、人生で最も困難な時期を過ごしていたときだった。これまでに正式な音楽の訓練やボイス・トレーニングをまったく受けたことがない彼女の内奥から音が生まれ、導かれるままアルバムを製作する。アルバムは今秋には4枚となる。ファースト・アルバムのリリース時より、彼女のアルバムはグラミー賞受賞者やノミネーターからも高く評価され、彼らとアルバムの制作も行う。彼女のアルバムは世界各国からダウンロードされているが、最もダウンロードされている国はアメリカ以外では日本であるため、彼女は日本人との深いつながりを感じている。

アルバムに、ソーマ・バンドゥ/月の友(2010)、ラム・セッションズ(2016)、プラナム(2017)がある。またこの他に何枚かのアルバムも彼女はプロデュースしている。今秋10月末にニュー・アルバム、"ホームに向かって"(2019)がリリースされた。

キャリーのアルバムのダウンロード

ニューアルバムも含め、キャリーのアルバムはアップル・ミュージックからもダウンロードできます。↓の画像をクリックするとアップル・ミュージックへ移動します。それから、ご自分でご希望のアルバムや曲の選択ボタンを押してダウンロードすることができます(ダウンロードは有料です)。*CDはこのサイトで販売いたします。現在準備中です。キャリーのメーリングリストにご登録いただくとCDの販売開始をご案内いたします。

別サイトAppleMusicへ移動

キャリーのインサイト・タイマー

現在、英語のみになります。将来的に日本語でご理解いただけるよう準備中です。
別サイトInsightTimerへ移動