キャリー・グロッスマン春の清里リトリート

全体性への開花/ Blossoming Into Wholeness
あなたの内なる光を輝かせる

あらゆるものを結びつけるハートが開かれたとき、
内なる神性と人間性は統合されて全体性へと開花します。

日 程: 2024年3月14日(木)〜17日(日)/4日間 (3泊4日)
場 所: 清泉寮 (山梨県北杜市高根町清里3545)
※英語から日本語へ、日本語から英語への通訳付きです。

主催者からのメッセージ

今年の幕開けは心痛むことが続きました。被災された皆さまには心からのお見舞いを申し上げます。皆さまがつつがなく過ごされていらっしゃいますことを願っています。

わたしがリトリートのオーガナイズを始めたきっかけは3.11の震災でした。

3.11が起きた時、わたしはアンマのインドツアーに同行していて日本でのニュースに動揺しました。その時、アンマは「自然災害を防ぐには、自然界で起きることは人類の意識が影響しているから、私たち人類が目覚める必要がある」と話していました。一人でも目覚めれば、わたしたちは目には見えないけれど、蜘蛛の巣のように繋がっているのでその影響は必ず世界にもたらされると。この体験が今回のリトリートへと繋がっています。

ところが「目覚め」には様々なプロセスがあると最近になって知りました。あらゆるものを手放して目覚めの体験を得るのはマインドレベルの目覚めで、ハートのレベルの目覚めはあらゆるものを結合させていきます。

2019年11月に開催したキャリーのリトリートでは、ハートの癒しや愛へ開かれる機会を得た方もいらっしゃいました。今回のリトリートも、大切なハートレベルに取り組みます。わたしたち自身だけでなく、今必要とされている自然界や地球への癒しにもなることでしょう。また、皆さんの日常を次のフェーズに進めるためのリトリートにもなるでしょう。

「世界が困難から立ち上がろうとしている今こそ、
世界を構成しているわたしたち各々がハートを開いて癒され
意識を変容し、人生の美しさを学ぶ時なのです。」キャリー・グロッスマン

開かれたハートのエネルギーがわたしたちの癒しや目覚めになるだけでなく、世界に広がる機会になることを願って。皆さまと3月に清里でお会いできたらとても嬉しく思います。
キャリー・ジャパン/ブロッサミング・プロジェクト代表  今西礼子  

With love,Reiko







キャリーからのメッセージ

親愛なる友人の皆さんへ
今年3月に再び日本に戻り、美しい清里でのリトリートの開催を、皆さんにアナウンスすることができ、わたしは心からの歓びに溢れています。

このリトリートでは、わたしたちの人間性と神性を結びつける統合的なスピリチュアリティーの重要性について探求していきます。 あなたは深く休息し、リラックスし、欠けているピースを取り戻し全体性へと花開く機会となるでしょう。リトリートを終えた頃には、過去の課題や悩みがあなたに及ぼす影響がとても小さくなっていることに気づくはずです。あなたは日常生活で活用できるインスピレーションに満ちた教えとツールを得るでしょう。そして、人として誕生したこの人生に対する深い敬意の念を抱き、あなたは内面からの輝きに溢れることでしょう。

スピリチュアルな人たちの間では、相対的な世界(3次元の世界やあなた個人)は重要ではなく、絶対的な真実(非二元性や魂の世界)だけに焦点を当てればよいと考える人もいます。 しかし、私たちのほとんどは相対的な世界で生きているので、自分自身の傷や痛みを無視することはできません。 真に統合されたスピリチュアリティーを生きるためには、自分自身の存在のあらゆる側面も大切にケアする必要があるのです。

「ヒーリング」という言葉には「全体を整える」という意味があります。 完全であるということは、すべての痛み、傷、暗闇、贈りもの、祝福を含む、わたしたちの人間性と、わたしたちの神性、つまりわたしたちの人生のストーリーを超越する究極の現実の双方を受け入れることを意味します。 このリトリートでは、私たちは全体性そのものというテーマについて考え、真に統合されたスピリチュアリティー、つまりわたしたちの存在のあらゆる側面を尊重して祝福する精神性を持つことを様々なアプローチから取り組みます。

2024年3月に、皆さんと一緒にハートの旅ができることを私はとても楽しみにしています。 清里の生命を育むエネルギーの中で、聖なる音楽に浸り、癒しと変容のための教えとプラクティスを探求していきましょう。 このリトリートでは、どなたでも心から歓迎されますーースピリチュアルなことに初めて触れるの方も、深く探求されてきた方もーーハートの旅は経験不問です。皆さんとぜひ清里でお会いしたいです。たくさんの愛を
キャリー・グロッスマン

carriegphoto

リトリートの内容

キャリーはハートでエネルギーを繊細に察知してリトリートをリードしていきます。そのため、実際にリトリートの登録がオープンになって皆さんのエネルギーを感じてから、キャリーは再度、内容を調整していきますので一部変更の可能性がありますが、メイン・テーマに変更はありません。また一つの内容をさらに深めていく場合、全てを網羅できない可能性もあります。

以下の内容をご覧になって難しいと思われても、どうかご安心ください。トピックにはいつもキャリーの美しい聖なる音楽が含まれ、彼女自身の体験も分かち合いながら、わかりやすく話してくれるので新たな世界が開けてきます。

  • 自己治癒の実践と創造的なプラクティスに取り組む
  • 許しの力
  • 自己受容やセルフ・コンパッション(自分自身への思いやり)
  • 私たちの思考と潜在意識を変容させる
  • 自己裏切りや自己虐待のパターンを変える
  • スピリチュアルなバイパスの罠(スピリチュアリティーを利用して人間的な感情、トラウマ、傷を否定したり抑圧して絶対的な現実だけに目覚めると歪みが出てくる。)
  • 自分自身の光と闇を抱きしめる
  • 神経系をケアして整える
  • 目覚めへの入り口としての聖なる音と音楽
  • 愛の次元を探求する(コーシャのレンズを通して)
  • 「正見」と絶対的・相対的現実について (*正見(しょうけん)とは自分中心の見方や偏った見方をせず、ものごとを正しく見ること。つまり、 自分本位ではなく、相手の立場に立ってものごとを考えるようになると(正思) 、自然と相手を思いやる温かな言葉が出てきて嘘や悪口も出てこなくなる(正語)仏教の伝統哲学より。
  • Q&A キャリーとの対話など。

リトリートのスケジュール

2024年3月14日(木)〜17日(日) /4日間 (3泊4日)
〈初日〉
リトリート受付     13:45〜14:45
オリエンテーション開始 14:50~   
リトリート・ワーク開始 15:00~
〈最終日〉
リトリート・ワーク終了 14:00頃

翻訳家 : 山川亜希子さんのリトリート体験

素晴らしいリトリートでした。キャリーは大学でスピリチュアリティや比較宗教学を学んだ知性的な女性です。そして何よりもハートの人。女性性の大切さを知っている人です。穏やかで優しくて、そして熱心。愛らしくて、その歌声は穏やかで美しく、直接、私のハートに飛び込んできました。

彼女の歌声を聞き、一緒にマントラを唱え、いくつかのワークをしている内に、私たちのハートが大きく開いていった感じです。私の場合は、インドで体験し受け取ったどっしりとしたエネルギーが、彼女と一緒に過ごしている内にだんだんと優しさを増し、どんどん深く根を下ろして行くかのように感じました。

今はコトダマや音楽の波動がとても大きな役目を持つ時期です。理屈や難しい言葉や説明よりも、音楽やあわの歌やインドのマントラなど、音の持つ波動によって、私たちの意識やハートが変わって行くのです。

リトリート中に、大きなブレークを体験した人もいました。それも決してきついやり方ではなくて、そっとキャリーが差し出すワークに身をゆだねている内に、大きな気づきがやった来た、という感じでした。とても素敵でした。(全文は推薦コメントに。)

image (山川ご夫妻とともに。2019年清里リトリートにて
山川ご夫妻とともに。2019年キャリー清里リトリートにて。

通訳:渡辺雅子さんからのメッセージ

過去に何度かキャリーの通訳をさせていだだき私が思うのは、彼女が天賦の感性をもつミュージシャンであり、心の純粋さや誠実さ、深遠な叡智、そして謙虚さをあわせもつユニークなスピリチュアルな導き手だということです。キャリーの言葉を伝える時、私の中にはなんのブレもありません。それは彼女の言葉が魂の奥から汲みだされ、誠実さに満ち、私の心に共鳴するからだと私は感じています。そんなギャリーが歌い奏でる精妙かつ純粋な聖音マントラは、私たちの胸奥に響いて、心の中にくすぶっていた曇りを晴らし、闇と光の両方を包括するような奥深い聖なる次元へといざなってくれることでしょう。

風の時代へと世界が大きくシフトしようとしている今、大自然に囲まれた清里でキャリーがリードするリトリートは、私たちが日常を離れ、非日常のスペースに身をおき、今までのあり方や考え方のパターンに光をあて、不必要なものをリリースし、ゆるやかに新しい自分へと開いていく貴重なチャンスでもあります。言うまでもなく日常は大切なものです。が、日常の繰り返しの中では、どうしても自分の盲点に気づいたり、状況を客観的に静観することが難しく、内奥から湧きあがるインパルスになかなかオープンになれないのも確かです。(全文は推薦コメントに。)                      

auto-HrNaVG_2.jpg
2019年キャリーのリトリートを終えて。キャリーと、通訳:渡辺雅子さん(右)とともに。

キャリーのアメリカでの最新のリトリートや彼女に寄せられた声

キャリーのリトリート中は、彼女の音楽と美しい声を聴き、雄弁に語られる叡智の言葉を聞き、彼女のエネルギーを感じることで、消えない印を私の魂にいつも焼きつけます。彼女と一緒に過ごすと、私はいつも心が満たされ、スピリチュアリティの理解を新たに深めることができます。私の夫は私がキャリーのリトリートから戻ってくる度に、私のエネルギーが新しくなって帰ってくると言います。キャリーと出会えたこと、そしてこれからも一緒に過ごせることをとても幸運に感じています。- シャロン

このリトリートが私だけでなく、参加者の皆さんにとっても、おそらくとても意味深いものであったのではないでしょうか。このことを言葉ではなかなか表現できません。 私は今も、リトリート中に生み出された神聖な空間がもたらす平安や穏やかさをこうして持ち続けています。 キャリーはほんとうに素晴らしくて信じられないほどパワフルでした。そして、私たちに自分自身のハートと魂を探求する素晴らしい招待状を差し出し、彼女は私たちに心を開いてとてもやさしく私たちを導いてくれました。 私は今、とても謙虚な想いと感謝の想いに溢れています。そして、私の心は満たされています。 キャリーとまた一緒に時間を共有できることをとても楽しみにしています。 - ミシェル

推薦コメント

「キャリーは目に見えない不思議な方法で、私達が魂とつながることをサポートしてくれる空間にいざなってくれる」

キャリーとの出会いは3年ほど前になります。突然職を辞めざるを得なくなった時、Youtube上のキャリーの音楽にであいました。退職までの1か月間、毎晩とぼとぼと歩いて帰宅する中、キャリーの透き通るような声と波動に、ずいぶんと慰めを受け、癒されました。

退職後、キャリーの初めての日本でのオンラインイベントに母と参加しました。昨年母は脳出血で倒れたため、元気な時の母と一緒の貴重な思い出となりました。今年夏至のキャリーのオンラインイベントは、15年に渡る自分の様々な学びの統合を助けてくれました。私達が頭で理解しようとする伝統的な叡智を、キャリーはハートに届くように、分かりやすい言葉と波動で伝えてくれます。

キャリーのメッセージは、私達の中に深い癒しと変容を引き起こし、エンパワメントをもたらしてくれます。(言葉は違っても)彼女と同じ空間をともにすることで、私達の細胞がリラックスして、不要になったものは手放せていけるのかもしれません。彼女の正直さ、温かいコンパッションのまなざし、人々とともにいるPower withの在り方に惹かれます。

もう一つ、キャリーからの不思議な贈り物は、今西礼子さんとの再会です。キャリーのnewsletterに登録したら、偶然にも数年前に他のリトリートでお世話になった今西礼子さんと再びつながる機会になりました。礼子さんとは境遇が似ていることからシンクロを感じ、様々なことを共有できる出会いを頂き、このご縁に感謝しています。キャリーを通して、必要なものはもたらされる、アバンダンスの波動が動いていることがリマインドされて、自然と感謝・信頼・安心の念が湧き上がってきて、呼吸が深くなります。
キャリーは、目に見えない不思議な方法で、私達が魂とつながることをサポートしてくれる空間にいざなってくれます。

「キャリーの歌声・マントラを聴いて、心の解放を体験」

キャリーの歌声を初めて聴いたのは4年ほど前に彼女のキルタンに参加した時でした。その時に彼女のマントラ、歌声、スピリチャルな教えや話を聴いた時に深い自分の心の中で悩んでいた事や傷ついたことが不思議と自然に表面上に出てきて心の解放を体験しました。それ以来彼女の歌を全てダウンロードしていつも聴いていますし、パンデミック中はインサイトタイマーで彼女のレッスンやワークショップに参加してフォローしてきました。キャリーの教えはとても素晴らしく人種や世界を超えて人が共感できるような特徴を持っています。もしまだキャリーのマントラを実際に体験されてなければ是非彼女のリトリートに参加して彼女の歌声や教えに耳を傾けてください。きっとあなたの人生観が変わりますよ。
ヨガ・インストラクター 佐京由加さん

さらに感想や推薦コメントを読む>>>
アーカイブ2019秋キャリー清里リトリートを読む。キャリーの2019年のメッセージや感想や写真など>>>

清泉寮

2024年3月 清泉寮/清里リトリート開催
清里リトリート参加費とお部屋タイプ>>>
清里リトリートアクセス>>>
清泉寮の写真をもっと見る>>>
2024春清里リトリートお申込みフォーム>>>

リトリートのチラシ

このボタンを押すとチラシがダウンロードできます。

キャリー2024春清里リトリートチラシ

キャリー2024春清里リトリートチラシ

写真:キャリー2019秋清里リトリートより
キャリー2019年秋清里リトリートより
キャリー2019年秋清里リトリートより