2019秋清里リトリートご参加の皆様へ

11月13日(火)

画像の説明

キャリーを空港までお送りしてきました。夕方のフライトまで時間があったので、都会のオアシスで少しリラックス。長いフライトを前に、カフェのラウンジの水の音や庭園の緑を彼女は喜んでいました。空港では涙の別れでしたが、また次回の来日を楽しみにして彼女は日本を後にし、無事に帰宅しました。リトリートにご参加くださった皆さまに心からの感謝と愛をわたしたちはお送りしています。リトリートの写真や感想は今、サイトへのアップ準備をしていますので、どうかお楽しみになさっていてくださいね。またお会いできる日をキャリー共々、ほんとうに楽しみにしています!

11月4日(月)

日本のお茶の味の繊細さや器に感動するキャリー

キャリーが元気に日本に到着しました!
今日は明治神宮で長旅の疲れを癒していただきながら、清里リトリートの準備を進めていました。キャリーは小さなことでも、見るものすべてに感動していました。そして、日本の皆様に清里の素晴らしい自然の中でお会いできることをとても楽しみにしていました。その彼女の感動を通して、わたし自身、あらためて日本文化の美を再認識するという素敵な一日になりました。そして、キャリーのリトリートがとても楽しみでなりません。とても素敵なリトリートとなることでしょう。皆様、どうかお気をつけて清里までお越しください。


10月29日(火)

ご心配をおかけしておりましたが、交通関係の情報がすべて明確になりました。
10月28日に開通した特急あずさはスムースに運行しているとのことです。
また、間引き運転だった小海線も11月1日には全線の運転が通常ダイヤで再開されるとのことです。このため、長野方面からお越しの皆様は、一度東京まで出ていただく必要はなくなりました。先にご案内させていただきましたよう中央道も開通しておりますので、交通関係はリトリート開催時にはすべて通常に戻ります。

今日の清泉寮さんは雨模様ですが、先日の関東地方の大雨の際は晴れだったとのことです。もともと清泉寮さんは山々に囲まれた高台に位置しているため、台風の影響もまったくなかったようです。

小海線でいらっしゃる皆様は、小海線からの紅葉の車窓の景色もぜひ楽しまれてください。また、お車でも、清里から清泉寮さんまでの道のりで、高度による紅葉の変化を楽しむことができるようです。高台の清泉寮さんの紅葉は、黄色い葉っぱが残っているのではという予測です。

キャリーは明日、ニューヨークに向かい、ニューヨークでニューアルバム"ホームに向かって"のリリースの準備を整えてから東京に向かいます。

本格的な冬の到来前の静謐さにあふれる清泉寮さんで、皆様ともうすぐお会いできますことを、キャリー共々心から楽しみにしております。

10月26日(土)

皆さま、朗報が届きました。最新情報では、10月末と予測されていた特急あずさは10月28日(月)始発から通常の運転が再開されるとのことです。なお、小海線の接続に関しては、当初の予定の集合時間通りの接続が予測されています。
ただ月曜の運転開始後に、清泉寮さんがJRとやり取りして再確認してくださいます。
その確認を受け、皆様には再度、ご案内させていただきます。
チケットの予約をされている皆様も変更なくご利用いただけるとのことです。
ご心配をおかけしておりましたが、どうかご安心ください。

また、長野方面からお越しの皆様には、小海線の佐久方面からの運行再開の不透明さと、北陸新幹線の運転再開を受けて、10月25日(金)現在は、北陸新幹線で東京に一度出ていただくルートをお勧めしております。

お車の場合、中央道は開通されているようです。また、チェーンの準備の必要はないのではないかとの予測です。

また新宿からの高速バスも通常営業をされているとのことです。

ホームページにもリトリートのアクセスと清泉寮さんの最新情報を掲載しておりますのでご参考になさってください。

なお、清里の今年の紅葉は遅いようで、まさにちょうど紅葉が始まったばかりとのことです。リトリート開催の頃はピークは過ぎるものの紅葉を楽しめるようですので、どうかお楽しみになさっていてください。

また、清里の気温は関東地方の気温よりも一ヶ月ほど早まるようなイメージです。
そのため、12月初旬の気候だと想定されますので、暖かい服装でお越しください。
(詳しくは、これからお送りさせていただくリトリート準備のご案内でご確認いただけます。)

清里でのリトリートは今回で9回目を迎えますが秋は初めての開催のため、わたし自身とても楽しみにしております。

今回は多々ご不便をお掛けして申し訳ございません。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。皆様と清里でお会いできますことをキャリー共々、とても楽しみにしております。

清里にて

キャリー・グロッスマン 清里リトリート主催 今西礼子