子供の頃、わたしは歌うことが大好きでした。思春期がきて自己意識が変化する前は、誰にでも、どこでも、耳も裂けるような大音量のメロディーで、自分でつくったセレナーデを歌っているのがとても幸せでした。ところが、思春期がやってくると、このすべてが変わったのです。他の人たちがどう思うのかを恐れ、わたしはわたし自身の声を、誰も聴くことのできない自分の深いところに強引に押しこみました。何年も後に人生の困難な状況がわたしの声を表面に呼び起こすまで、声はそこで埃を被ったまま、たたずんでいたのです。

それからわたしは原因不明の病を患い、原因も治療法も不明なことに神経をすり減らし、心底疲れ切ってしまいました。身体が疲労感で衰弱して機能しなくなり、心は深い鬱へと陥っていったのです。この状態が三年間続き、もうどうしていいかわからないまま、友人から譲り受けたインドの伝統的なドローン楽器のタンブーラの演奏を弾き始めました。毎晩何時間も共鳴する弦をかき鳴らし、わたしはその音にすべてをゆだねました。それぞれの音が空間に鳴り響いてわたしを砕くと、突然わたしの悲しみが流れ始めたのです。それはまるで豊かな倍音がわたしの存在の奥深いところまで達し、これまでわたしが拒絶し抑圧してきたすべてを掘り起こしたかのようでした。長年にわたる自己への裏切り、悲しみ、恥辱がわたしのハートから溢れ出て、わたしはそれらの痛みを感じて手放すことしかできませんでした。すぐにわたしの涙は音楽へと変わり、子供の頃以来の自由奔放さでわたしは歌いました。自分の声を解放したことで、わたしは閉じ込めていた大量のエネルギーを解放したのでしたーーそして、わたしの原因不明の病は癒されていったのです。

わたしはインドで多くの時間を過ごし、様々な師に学んできたので、神への信愛の音楽と言われるキルタンには精通していましたが、それまで自分自身で探究していったことはありませんでした。音楽のバックグラウンドを持たずに歌を歌い、楽器を学ぶことそのものが恐ろしく思えましたが、わたしは中古のハーモニウムを購入し、独学で学び始めました。そして次第に、それらの音を出すわたしの試みは、音楽へと変容を遂げました。こうしてわたしのデビュー・アルバム、ソーマ・バンドゥ/月の友が生まれたのです。

ご理解しておいていただきたいことが一つあります。マントラが時に特定の神の姿や神の御名と結びつけられることがありますが、それらの恩恵を得るために、何かを信じることはありません。時に、様々な象徴やイメージが伴いますが、神の御名や姿は最終的にはわたしたちに内在するエネルギーのようなものです。不定形の抽象的なものに焦点を合わせるのは難しいので、神の姿はマントラに共鳴するわたしたちの集中と視覚化をサポートすることができるのです。しかし、マントラの聖なる音とのあなた自身の体験がもっとも重要です。また、必ずしもあなた自身でチャンティングしたり、歌う必要はありません。まずは、聖なる音がどのようにあなたに共鳴するのかを感じて、受け取ってみてください。ただオープンで、ハートの耳で聴いてみてください。


ラム・セッションズ〜ラムに捧げるアルバム〜

ram sessions_4×

このアルバムはとても根気が必要とされる、予期せぬ旅へとわたしを導きました。いくつかの新しい曲を録音したいという純粋な想いから始まったものが、魂を覆う闇の創造へと変わったのです。どれだけ努力を重ねても、まったく同じ傷と恐れに繰り返してつまずき続け、わたしは前に進むことができませんでした。やがて、わたしの"行き詰まり"は耐え難いほどとなり、不思議なことに、気づくとわたしはハルモニウム(鍵盤楽器)の前で、"ラム!"と助けを求めていました。彼の御名(みな)はとても心地よく、とてもシンプルで、とても親しみが感じられ、その後、歌を創作する度、彼に捧げざるを得ませんでした。このようにして、このアルバム、ラム・セッションズが生まれたのです。

このプロジェクトは取り組んでいくにつれ、ラムのマントラを中心としたコンセプト・アルバムへと自然に発展していきました。ストリーム配信が進み、一連の曲を通してアルバム全体のコンセプトを味わいながら聴くことが減ってきた今日、コンセプト・アルバムを制作するのはチャレンジですが、それでもなお、ひとつのコンセプトで織り成すアルバムが生み出す繊細な語り口の表現には美しさがあります。こうした想いで、わたしの5年間に渡る、幻想からの目覚めと落下、そして、癒しと再生の旅を、このアルバムに収めました。

ラムは最も愛されているマントラの一つです。これはガンジーのお気に入りのマントラであり、多くの聖者や賢人たちが大切にしてきた御名(みな)でもあります。言葉でラムが誰であるのかを定義することはできませんが、最も近い説明は愛と言えるでしょうーー純粋で、先入観にとらわれず、絶えることなく流れている愛です。一人の人間であり、ヴィシュヌの生まれ変わりであるラムは、深い思いやりと、叡智と、パワーに溢れた存在でしたーー正義/ダルマというものを完全に体現していました。至るところに息づいている純粋意識である彼は、わたしたちの真の本質である永遠なる自己そのものですーー内なる光です。彼の御名(みな)があなたのハートにやすらぎをもたらしますように。

それぞれのアルバムの矢印をクリックすると、アルバムからの一曲が無料で試聴できます。アルバム全曲を試聴するには、このページを進んでください。キャリーの音の世界を楽しみながら、このページを読み進めることもできます。また、Buyをクリックするとアルバムのダウンロード(有料)へと進みます。こちらからでも、またはアップル・ミュージックからダウンロードができます。


ソーマ・バンドゥ 月の友

some bandhu_4×

時折、美しいものは暗闇から生まれます。太陽の届かない土壌に包まれた種のように、このアルバムに収めた歌はわたしの人生の困難な時期に発芽を始めました。変化が必要となり、わたしはバークシャー山地の天窓のある小さな山小屋に引っ越しました。紅葉の最後の葉が裸の枝から舞い落ち、雪に覆われた大地が静まり返ったので、わたしは内面に向かいました。冬の夜、小屋の蒔ストーブの前に座っていると、わたしの内にひっそりと息づいていた音楽が形をとって現れ、9ヶ月後にこのアルバムーーソーマ・バンドゥ/月の友が完成しました。

サンスクリット語のソーマ・バンドゥという意味は、月の友という意味であり、夜に咲く白い睡蓮の名前でもあります。長い間、女性の象徴とも考えられてきた月は、いつもわたしにインスピレーションを与えてくれましたーー真っ暗な夜空に彼女が身を隠し、それから輝かしい完全に満ちた姿となって喜ばせてくれるというように。ちょうど月が太陽の光を反射するように、この音楽もまた、万物に生命力を吹き込む神秘の力のシャクティを反射しているのです。

初めてインドを訪れて以来、わたしはキルタンとして知られている、”呼びかけと応答”のチャンティングの訓練に狂おしいほど夢中になってのめり込んでいます。また、1999年にシュリ・ラマナ・マハルシの僧院/アシュラムで初めて聴いたインドの最も古い経典の、ヴェーダのチャンティングの力に、不思議なほど魅きつけられました。言葉を理解することはできませんでしたが、音のバイブレーションがわたしのマインドの波の動きを静止させ、わたしを内面の奥深いところへと導いていきました。

これらの美しいチャンティングを瞑想の深みから聴いた名も無き賢者/リシたち、そしてまた、これらのチャンティングをわたしのハートに植えて愛の甘露/ネクターで水やりをしてくださった女神に感謝します。女神の恵みと恩寵のお陰で、種は熟しました。そして今、わたしは親愛なるリスナーのあなたに、この種から熟した果実を捧げますーーアルバムに収めたそれぞれのチャンティングが、あなたの魂に滋養とインスパイアをもたらしますように。


プラナム

pranam_4×

“プラナム”という言葉は、”敬意を表してお辞儀する”という意味です。インドでは、手のひらを合わせるか、足に触れるか、平伏すことで、年配者や教師や聖人や愛する人へ”プラナム”するのが習慣です。尊敬と敬意の美しい象徴であるため、わたしはいつもこの習慣に感動していました。この”プラナム”の精神で、わたしの人生をこれまで祝福してくれている、かけがいのない師たちやガイドたちに、わたしの両親と先祖たちに、神秘家たちに、異端者たちに、背教者たちに、反逆者たちに、聖者たちに、そして、あらゆるジャンルの芸術家たちすべてに感謝して、わたしはこのアルバムを捧げます。美と痛みに、失敗と間違いに、試練と勝利に、やさしさと切望に、そして測りしれない愛に、わたしはそれらすべてに”プラナム”します。

待望のニューアルバムが発売になりました!
ホームワード/ホームに向かって

キャリーのニューアルバム ホームに向かって

わたしの新しいアルバムは"ホームに向かって"というタイトルです。歌う度に、これまで決して離れたことのない場所に帰るような感じがするので、わたしはこのタイトルを選びました。

このアルバムに収めた歌は、ヒンドゥーと仏教とシーク教からの神秘的な聖なる音のストリームを用いています。これらの伝統はすべてわたしの人生に深く影響を与えてきたので、これらのチャンティングのまとめを皆さんと分かち合えることをとても嬉しく思っています。

これらの歌は、"チャンティングと聖なる音/マントラを通してハートを目覚めさせる"という、インサイト・タイマーのわたしの10日間の瞑想講座のアプリために作曲しました。 インサイト・タイマーというアプリから受講できるこの瞑想コースは(*現在は英語のみ。将来的に日本語への翻訳を検討中)、バクティ/愛の道と実践へ向けたものです。このアルバムに収録された聖なる音/マントラは、癒しと慈しみ、そして、静寂と深い休息のためのものです。これらのマントラは、源への切望と記憶、そして、甘美と光の歌です。それぞれのチャンティングは、多くの呼び名で知られている絶対なる御方への呼びかけなのです。

伝統がどのようなものであっても、聖なる音や音楽はわたしたちをホームへといざないます。不安とスピードに満ちた現代社会において、わたしたちが何よりも必要としているものは避難先ーーわたしたちが背負っている重荷を下ろし、疲れ切ったわたしたちの心を休息させ、ただシンプルにわたしたちそのもので在ることができる場所です。この避難先がまさしくわたしたち自身のハートなのです。チャンティングすると、世界の荒野を通り抜けてホームへとたどり着く道をわたしたちは見つけて、ホーム/真実へと戻ることができるのです。

これらのチャンティングが、あなたのホームへと向かう旅の道を照らしますように。

〜ニューアルバムも全曲無料で試聴できます〜
ニューアルバムですが、キャリーの他のアルバム同様、全曲無料で試聴できます。通常、ニューアルバムを無料で全曲試聴できる機会はなかなかありませんが、キャリーはこの聖なる音のバイブレーションが広まることを願っていますので、多くの皆様に聴いていただければ何よりです。なお、ダウンロードやCDの購入は、キャリーの音楽活動へのサポートになります。Buyをクリックするとアルバムのダウンロード(有料)へと進みます。こちらからでも、またはアップル・ミュージックからダウンロードができます。CDはリトリート中に販売いたします。また、将来的にはこのサイトでも販売予定です。


独立したアーティストであるということは、素晴らしいことでもあり、同時に、大きなチャレンジでもあります。皆様の支えなしに、わたしはいずれのアルバム制作をも成し遂げることはできなかったでしょう。わたしはレーベルやディストリビューターを持たない独立したアーティストであるため、新しいアルバムをリリースする時になると圧倒されることがあります。なぜなら、自分をプロモーションすることは、なかなか自然に出来ないからです。また、ニューアルバムの発売に向けたマーケティングよりも、音楽を生み出していくことにエネルギーを向けることにわたしは興味があるからです。実社会では難しいチャレンジになることも十分あり得ますが、しかし、わたしは自分のエネルギーを音楽に集中させ、神秘的な導きを信頼することを選択しました。この道を減速させ、別の職業を見つけることを検討したことが何度もありますが、そうしようとする度に、人生はわたしに新しい扉を開き、わたしをわたしのダルマ/義務へとよりいっそう向かわせます。そして、わたしはこうしてわたしのハートの歌を歌い活動を続けています。わたしはこれからも人生に開かれることを信頼して活動を続けていくでしょう。〜キャリーのフェイスブックより抜粋〜

キャリーのアルバムのダウンロード

ニューアルバムも含め、キャリーのアルバムはアップル・ミュージックからもダウンロードできます。↓の画像をクリックするとアップル・ミュージックへ移動します。それから、ご自分でご希望のアルバムや曲の選択ボタンを押してダウンロードすることができます(ダウンロードは有料です)。

別サイトAppleMusicへ移動

キャリーのアルバムのCDの販売を開始いたしました

ご希望の方はこちらからお申し込みください。
キャリーのCDの購入はこちらから>>>

キャリーのアルバムの試聴

キャリーのアルバムの全曲が試聴できます。
キャリーのアルバムを試聴する>>>

アルバム・レビュー

「キルタンのファンたちは、サンスクリット語でチャンティングされた3曲が収められているキャリーのすばらしいEP/プラナムに夢中になるだろう。祈りがこめられたヴォーカルが、スチール・ギター、ナイロン・ギター、エレキ・ギター、ベル、フレーム・ドラム、チェロ、バンスリー・フルート、バスの魅惑的なサウンドと調和している。心を穏やかにさせ、うっとりと、そして、ゆったりとしたバイブレーションを引き起こすように制作されたすばらしいマントラの子守歌は、ヨガのプラクティスの始まりや終わりにぜひ聴いてほしい」
雑誌ヨガ・ベーシックス

「ラムのマントラを漂う音の航海のラム・セッションズは、世界を構成する要素を束ねた波であり、あたり一帯に漂う音の風景であり、そして、心をゆったりさせ、ハートをやわらげて開く、神聖なポップ・モチーフが立ち昇っている。わたしはこれほど濃厚で自分自身の鎧を外すのをスムースにうながすようにインスパイアする録音をこれまで聴いたことがなかった」
ロイド・バルデ・プロダクションズ

「最近、わたしのラジオ番組でラム・セッションズを取り上げるという幸運に見舞われた。神聖なチャンティングはわたしのお気に入りのジャンル。その中で、このアルバムはこれまで聴いた中で最高といえる一枚」
WPRIラジオ、ゲイリー・ゴールドバーグ

「ラム・セッションズは真の音の傑作」
グラミー賞受賞アーティスト兼プロデューサー、ポール・アヴジェリノス

「アルバム"月の友人"のすべての曲は、魂を惹きつけハートに心地よい音色。キャリー・グロッスマンが制作したものには真の魔法が。手品の巧妙なごまかしの寄せ集めではなく、神のインスピレーションである恩寵そのもの」
雑誌コモン・グラウンド・マガジン

「時には強烈な切望で、時には穏やかで荘厳なキャリーの歌声は、人としての旅のあらゆる側面を愛する人たちの切望と無防備さを表現している」
ピーター・ブリス、ニューヨーク・ソングライターズ・コレクティヴ

「神聖な歌を歌うシンガー、キャリー・グロッスマンは、伝統的なマントラに新たな息吹を与え、古代の賢者たちを現代に甦らせている」
雑誌ヨガ・インターナショナル

「待望のキャリー・グロッスマンのニュー・アルバム、ラム・セッションズは、彼女のスピリチュアルな旅における魂の地図。これらの歌は、ハートの瞑想であり、東洋という伝統と西洋というオリジナルの統合。わたしたちをわたしたちの無限性へと運ぶ恩寵の川のようだ」
雑誌ライト・オブ・コンシャスネス

「女神の癒しの声」
ジェフリー・アームストロング、ヴェーディック・アカデミー・オブ・アート&サイエンス